「エクセルを、自動化せよ」

1424930_6867_3

連載:

エクセルで始める!VBAプログラミング入門
(Excelの作業を自動化できる、プログラミング超入門講座)

(第1回)超親切な機能「マクロの記録」でマクロを始めよう!

【連載】

▼この連載は、ベネッセUdemyにて発売している動画コースの内容から一部を記事にしているものです。

動画でもっと分かりやすく勉強したい方は、こちらもご覧下さい。
(この連載限定で●%割引となります)

screenshot_79

 

pic1

エクセル仕事に追われるカフェの店主。
ある日、突然クマが現れて、
マクロVBAに入門する!?

マーク
「ぬぁ〜!仕事が終・わ・ら・ない!」
ノア
(店長、大丈夫かなぁ…)

 

小さなカフェを経営している店長のマーク。そして店員として働くノア。
しかし、マークは毎日Excel作業に追われて残業。
やさしいノアはいつも心配していた。

pic2

 

その時、事件は起こった!

マーク
「なんだー!?エクセルから熊が!?」

kuma_anime

マーク
「ななな、何だお前は?」
熊リオ
私か…私の名は、スーパー熊リオ。 プログラミングの世界から来た。
ノア
(スーパー熊リオ… なんか、 すごいギリギリの名前な気がする…))

「仕事を自動化する」と言い始めたクマ。いったい何をするのか?

熊リオ
君の仕事ぶりを見ていたが… やれやれ、見ていられないな。 そんな単純作業を、なぜ自動化せず 自分の手でやっているんだね?
マーク
えっ?自動化ってどういうこと? (出会って早々、態度のでかい奴だな…)
熊リオ
私の住んでいる世界では、 そんな単純作業は自分でやらない。 自動化してExcelに勝手にやらせる

▼請求書が1クリックで出力される

1525645705PdV2Gh7bWZZ03QH1525645659

▼全社データが1クリックでシート別・ブック別に出力される

1525645748PdV2Gh7bWZZ03QH1525645659

▼1クリックで割引されたり、「様」を付けたり

1525645785PdV2Gh7bWZZ03QH1525645659

マーク
Excelでこんな事ができるなんて 聞いたことが無いよ!新しいソフト?
熊リオ
ふっ、違うな。これはExcelに 備わっている「マクロ」という機能

 

エクセルに自動で仕事させる、大注目のスキル「マクロ」とは?

screenshot_70

熊リオ
マクロとは、人間が命令した作業を 自動で実行してくれる機能なのだ。
マーク
ほほう?

screenshot_69

 

熊リオ
「今や書店に行けばマクロ(VBA)の本が並び、 企業やビジネスマンも大注目のスキル。 資格試験を受ける人もいるくらいだ!

screenshot_71

熊リオ
「 Excelを自動的に操作する仕組み。 これがマクロという素晴らしい物だ。 理解できたか?この文明の利器を!」
マーク
「ぐっ…まさか熊に言われるとはな」

つまり、マクロを使いこなせれば… 

  • 単純作業が早く終わる
  • 正確でミスが少なくなる

→Excelの仕事が劇的に改善する!

ノア
(すごい…。店長、この熊さんすごいよ!)

すきま時間でマクロ(VBA)のスキルを効率的に学べる連載記事とは…?

マーク
「わかったぞ、熊リオ・・・。 そのマクロ、俺にくれ!
熊リオ
「…え?自分でスキルを 身につけるんじゃなくて?」
マーク
「だって勉強が大変そうだし、 難しそうじゃな〜い」
熊リオ
「安心したまえ。君のような初心者にも わかりやすく教えてくれる連載記事がある。
マーク
「何…?それが、この連載シリーズだ という事か!?」
ノア
(なんか都合よく話が進んでいく…!?)

 

この講座では、初心者でもわかるように まずシンプルで実用的な”ショートマクロ” を扱うので、すぐに仕事で使えます。

さぁ、この連載シリーズで ExcelマクロVBAプログラミングを始めましょう!

all_person

 

(1)サンプルをダウンロードしてみよう!

パソコンで以下のファイルをダウンロードして、マクロを試すことができます。

screenshot_78
macro-demo1.xlsm

screenshot_78
macro-demo2.xlsm

 

セキュリティの警告が表示された場合、「コンテンツの有効化」で解除します。

screenshot_72

(2)サンプルのマクロを使ってみよう!

  • macro-demo1.xlsm
  • ワークシート「超入門」

いずれかのセルをクリックして、
「一発で書式を変更」「一発で書式をクリア」「一発で割引」などのボタンを押すと、目的の処理が自動的に実行されます。

screenshot_73

  • macro-demo1.xlsm
  • ワークシート「フォーム入力」

「データ入力」ボタンをクリックすると、フォームが起動し、そこからデータを入力することができます。

screenshot_74

  • macro-demo1.xlsm
  • ワークシート「受注データ」

「請求書作成」の下から会社名を選び、「請求書作成」ボタンをクリックすると、請求書が自動的に作成されます。

screenshot_75

macro-demo2.xlsm

「シート別に出力」ボタンを押すと、データが会社名ごとにシートに分けられて出力されます。
「ブック別に出力」ボタンを押すと、このブック(macro-demo2.xlsm)と同じフォルダに、会社名ごとに新しいブックに分けて出力されます。

screenshot_76

 

 

いかがだったでしょうか?

今回は以上です。

次回より、マクロ(VBA)の作成方法について詳しく解説していきます!

 

この連載のような内容を動画のコースでわかりやすく解説しています。

(ベネッセUdemyにて動画コースが●%オフ)

screenshot_79

 

【好評につき、続編が出ました】
[脱・入門編]請求書を1クリックで作るマクロを作ろう

screenshot_80

 

[新着]こちらは5月いっぱいまで無料!
お子さんのプログラミング学習に興味のある方は

ゲーム好きな子供を熱くさせる!
親子で学べる、プログラミング教育 超入門コース

<<5月いっぱい無料です>>

screenshot_81

 

========

連載:

エクセルで始める!VBAプログラミング入門
(Excelの作業を自動化できる、プログラミング超入門講座)

【連載】